不安になりやすい性格を治したい?その性格、あなたの長所かもしれませんよ

アイキャッチ画像 マインド

こんにちは。slashです。
時代は平成から令和へ。
新しい時代が始まりましたね。

そして10連休という長いゴールデンウィークも終わり
いつもの日常に戻っていく方も多いことでしょう。

今回は不安についてのお話を
書きたいと思います。

スポンサーリンク

日本人は不安を感じやすい人が多い

ご存知の方も多いかと思いますが
日本人は不安を感じやすい民族と言われています。

日本人がそうなった原因は
色々と言われていますが、
この記事ではその原因については特に言及しません。

調査でも不安を感じやすい傾向が見て取れる

セコム株式会社が2018年12月に
行った調査によりますと、

7年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答


引用元:第7回「日本人の不安に関する意識調査」 セコム株式会社
https://www.secom.co.jp/corporate/release/2018/nr_20181220.html

とのことです。
つまり、大半の日本人が何らかの
不安を抱えている事になります。

さらに同調査によりますと、
その要因はお金健康自然災害が上位にきています。
確かに私自身もこれらについては
不安を感じています。

お金については、
今の若者たちはちゃんと年金がもらえるのか
疑問視する声がありますし、
賃金が大して上がりもしないのに
物は値上がりしていきます。

健康についても
いつ病気やケガをするかはわかりませんし

自然災害についても
特に地震などは、
いつ来るか予想もできません。

すたーちゃん
すたーちゃん

世の中不安だらけだね~

一方で対策をしない人も多い

不安を感じる日本人の割合は
とても多いのですが・・・

一方で、先ほどのセコム株式会社の調査では
こんな結果も出ています。

約7割が不安解消のために対策を講じていないことが明らかに。一方、男女ともに20代の4割以上が不安への対策を講じていることが判明。

引用元:第7回「日本人の不安に関する意識調査」 セコム株式会社
https://www.secom.co.jp/corporate/release/2018/nr_20181220.html

つまり、不安は感じているけど
その大半の人は特に対策をしていない
わけです。

不安をなくせるか

不安を感じたくない?

「不安になりやすい性格を治したい」

と考える方もおられるかと思いますが、
それは人として当然の感情なので
わざわざ治す必要はないと思います。
(よほど病的に不安が強いのでなければ)

それは必要な感情です

不安とは「痛み」と
似たようなものだと思っています。

身体に何らかの異変が起こる(怪我や病気など)

身体に痛みを感じる

痛みの原因を除去する、という行動に移る事ができる

もし、痛みを感じなければ
身体に異変が起きていても察知しづらくなりますし、
異変に気づかなければ
異変を除去しようという
行動を取ることもないでしょう。

もしも、この異変が命にかかわるようなものであったら
大変な事になるかもしれませんね。

不安についても
痛みと同じような事が言えます。

何らかの危機や異変が迫っている事を察知

不安を感じる

危機や異変を除去する、
または危機や異変から逃げる
といった対策が取れる

このように危機や異変に対して
何らかの対策を取ることにつながります。

スポンサーリンク

発想の転換 不安を味方につけよう!

不安?

不安は行動のためのエネルギー

不安を感じるのであれば
その原因を明確化して
対策を講じましょう。

「○○が不安だからどうにかしよう」
「○○が怖いから近寄らないでおこう」

不安は危機や異変に対応する行動を取るための
エネルギー(動機)になると思います。

ただ漠然と怖がるのはやめよう

すたーちゃん
すたーちゃん

なんかよくわからないけど怖いんだよね~

こんなふうに、ただ漠然と
「よくわからないけど不安」
「よくわからないけど怖い」

と思うのはやめておきましょう。

「よくわからないけど・・・」というのは
つまり、原因が不明という事なので
対策のしようがありません。

この場合はそう思う原因を明確にしましょう。
そうでないとムダにストレスが溜まるだけです。

具体例:私の対処方

では私、slashが不安をどのように
利用したか簡単に解説したいと思います。

手順1:不安要因をリストアップ

私の場合はリストアップすると以下のようになりました。

・人付き合いが苦手

・収入が少ない

・老後の資金が心配

手順2:対策不要なものはないか考える

対策を講じる前に
そもそも対策不要なものがないか考えてみます。

私の場合、上でリストアップした中だと
人付き合いが苦手」が対策不要と考えました。

この記事でも書いたのですが
私は陰キャで人付き合いは苦手です。
ですが、人付き合いをしないメリットもあるので
苦手で問題ないと判断しました。

人付き合いが苦手で問題ないのであれば
これに対して不安を感じる必要性はなくなります。

一方、「収入が少ない」「老後の資金」は
現状で問題ないとはどうしても思えないため、
対策が必要と考えました。

手順3:具体的に対策を考える

「収入が少ない」「老後の資金」はどちらも
お金の問題なので対策としては

・支出を減らす

・収入を増やす

この2点が対策になると思います。

支出を減らす

まぁ早い話が節約ですね。
私は元々、派手にお金を浪費する
タイプではなかったので
節約できる部分はあまり多くなかったです。

やった事といえば
コンビニに立ち寄る頻度を減らすとか
お金のかかる趣味を減らすくらいですね。

収入>支出の状態をずっと維持できているので
時間の経過とともに貯金は増えていきますし、
支出に関してはこれで十分かと思っています。

収入を増やす

これについては、私が取った方法は
「資産運用」をする事でした。

収入>支出の状態を数年間維持した結果、
数百万円の貯金ができましたが
貯蓄のペースを考えると
老後に十分な資金を用意するには
これだけでは足りない
と感じたため、
今ある貯金の一部を活用し、
老後に向けて資産運用を始める事にしました。

国内個別株、投資信託、ETFでの投資を行い
時間をかけて勉強しながら
長期に渡って運用を続けていくつもりです。

また、NISAiDeCoといった
制度も併用しています。

資産運用を始めてから2年近く経ちますが、
去年(2018年)が
なかなか厳しい相場だったこともあって
ほとんど儲かってません(笑)

簡単ではなさそうだと思って始めましたが
やっぱり簡単ではないようですね・・・

資産運用、投資につきまして
最終決定はご自身の判断で行って頂きますよう
お願い致します。

まとめ

不安を感じるのは大切な事です。
不安になりやすい性格と聞くと
短所のように思えますが
それはそれで良いところがあるのです。

老後の資金」という不安については
私自身もまだまだ対策の途中ではありますが
1年や2年でどうこうできる
問題だとは思っていないので
これからも問題解決に向けて
努力を継続していきたいと思います。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました