目標は無くてもいい!?大切なのは今を大切に生きる事

アイキャッチ画像 マインド

こんにちは、slashです。
今回は目標についてのお話です。

以前に「嫌われる勇気」という本を読みました。
簡単に言うとアドラー心理学について
対話形式でわかりやすく説明してくれる本ですが
その中で人生の目標について
考えさせられる記述がありました。

参考書籍

嫌われる勇気
2013年 著者:岸見一郎/古賀史健 発行所:ダイヤモンド社

スポンサーリンク

目標はなくてもいい?

人生に何らかの目標を持って
過ごされている方も多いかと思います。

人生には目標が必要だ!
目標があるからこそ
人はそこに向かって努力する事ができる!

とても、素晴らしい考え方です。
しかしながら私は
必ずしも人生に明確な目標を
設定する必要はない
と思っています。

すたーちゃん
すたーちゃん

目標なしで生きるってこと?

人生を線ではなく点で考える

「嫌われる勇気」を読んでいて個人的に
強く印象に残ったところがあります。
それは、
人生を「線」で考えるか
それとも「点」で考えるかの違いについてです。

「線」で考える人生

線で考える人生

まず人生には何かおおきな「目標」があり、
そこに向かって進んでいこうという考えです。

「嫌われる勇気」では
登山に例えて表現されています。

登頂(人生の目標)に到達するために
山を登るという考え方ですね。

「点」で考える人生

点で考える人生

「今、このとき」を大切に生きようという考え方です。
人生に大きな「目標」を設定しているわけではなく、
今を大切に、今やれる事をちゃんとやろう。
そうすれば結果としてどこかに辿り着くわけです。
先程のように登山で例えるなら
登頂を目的とするのではなく、
山を登る行為そのものを楽しむような感じですね。

「嫌われる勇気」では、
人生についてこのように書かれています。

人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那なのです。

「嫌われる勇気」 2013年 著者:岸見一郎/古賀史健 発行所:ダイヤモンド社

今を大切に生きる

一日一日何かアクションを起こす

人生の一日を1つの「点」と考えると、
今を大切に生きるとは
一日一日を大切に生きるという事になります。

今、やれる事をやる。
何か一つでも良いから成果を出す。

こういった「点」を積み重ねていけば、
「点」の集合体は「線」になり、
やがてどこかに辿り着くのです。

「毎日」がしんどいならもっと遅めのペースでもいい

すたーちゃん
すたーちゃん

毎日何か成果出すのはちょっとしんどいよ!

というのであれば、
毎日でなくても2日に1回、3日に1回、
週に1回など、ちょっと遅めのペースでも
良いと思いますよ。

このブログだって今のところ
3日に1回程度の更新ペースですからね(笑)

スポンサーリンク

貯金について

さて、少し話が変わりますが
貯金に関する事をちょっと描いてみます。

貯金に目標を設定した方がいいとは言われるが

読者の皆さんも貯金をしている
という方も多いでしょう。

貯金は何のためにするのでしょうか?

「家を買うため?」
「車を買うため?」
「もしもの時の出費に備えるため?」
「老後の資金のため?」

理由は人それぞれかと思いますが、
何らかの目標があるでしょう。

明確な目標を決めてお金を貯める。
大変素晴らしい事です!

中には「ただなんとなく不安だから」という
漠然とした理由で貯金している方も
いるかもしれませんね。

私としては
漠然とした理由で貯金するのも
良いんじゃないかと思っています。

人生に目標がないなら貯金してみるといいかも

すたーちゃん
すたーちゃん

「今を大切に」と言われても
何すればいいかわからないよ~

これは私個人の考えなので、
必ずしも全員にあてはまる
事ではないと思いますが、
「今やりたい事がない」、
「やるべき事がわからない」
という人はとりあえず貯金をしておくのが
いいと思います。

このとき
「○○に使うために貯金する」
「○年で○○万円貯める」

といった具体的な目標は無くてもいいです。

人生はお金が全てではありませんが、
無いよりはあった方が良いのは
ほぼ間違いないでしょう。

何かを始めようと思ったら
基本的にお金が必要になります。
「とりあえず貯金」生活を続けるうちに
何かを始めたいと思ったら、
その時は貯金を使って
始めてみればいいのです。

私も特に目標を立てずに貯金を始めた

私も何年も前から貯金を始めていました。
ただ、特に明確な目標は立てていませんでした。
「なんとなく老後が不安だな」
という程度の動機です。

動機がそんなもので
いいのかどうかはともかくとして、
それを数年間続けた結果として、
ある程度の貯金ができました。

そして、ある時
私はこう思いました。

このお金を
このまま寝かせておくのは
少々もったいないかも?

そこで、資産運用について色々と調べ
今では投資信託や株式の
運用をするようになりました。

私は資産運用をするために
貯金を始めたわけではありませんが、
貯金があったから資産運用を
始める事ができたのです。

つまり、明確に目標のない
日々「貯金をする」という「点」が
集まった結果が「線」となり

「資産運用」という
場所に辿り着いたのです。

さて、今度はこの「資産運用」が
どこに辿り着くかわかりません。
私にできる事は
日々「資産運用をする」
これだけです。

まとめ

まとめ

・人生の目標を明確に定めない生き方もアリ
・今を一生懸命に生きていれば、結果としてどこかに辿り着く。

今回の記事では
「線」で考える人生「点」で考える人生
この2種類について書きましたが、
これはどちらかが良いとか
どちらかが悪いといったものでは
ないと思いますので、

ご自身の人生については
ご自身でお好きなように
考えて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました